Web制作

5W2Hを踏まえたホームページリニューアル仕様書の作り方【骨子編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

はじめましての方もはじめましてでない方もこんにちは。
ブリッジコーポレーション営業部の江口です。
このブログではよくお客様から聞かれる事や、「こんな面白いことありますよ~」といった情報発信が出来ればと思っております。

仕様書初めて作るんだけどどうやればいいの?

今回のブログは「初めてホームページのリニューアル担当になったけど何に気をつければいいかよくわからない」「どうやって制作会社とコミュニケーションとればいいのかわからない」という様な方に向けて記事を書きました。
ホームページリニューアルの際、見積を制作会社に依頼するにしても「仕様書」が必要となります。
作っておくとお客様も制作会社側もお互い楽になる「仕様書」。
そんな「仕様書」をフレームワークを利用して説明してみます。

まず「仕様書」とは

ホームページやWebサイトリニューアルにおいての仕様書はホームページを作成するに当たって必要な要件をまとめた書類となります。
その際、見積先へ「こういう条件でこういう機能やページが欲しい」とまとめた書類が仕様書にあたります。

5W2Hを利用した「仕様書の骨子の作り方」

では次の項目から大まかな「仕様書」の作り方をご説明致します。

「仕様書」と言われると難しいように感じますが、基本ビジネス文書なのでビジネスで基本となるフレームワークの「5W2H」に当てはめて考える事が出来ます。

\5W2Hとはなんぞや/

5W2H・・・具体的になんだったっけ・・・と私はよくなりますので、一度おさらい致します。

ビジネスで最も基本となるフレームワーク「5W1H」は、社会人なら理解し活用したい必須の考え方。 業務の報告や文書作成に「5W1H」がなければ、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」したのかという内容が曖昧となり、第三者に明確に情報を伝えることはできない。

出典:「5W1H」「5W3H」「6W2H」「5W2H」「2W1H」「6W」について|iso.labo

こちらは5W1Hの考え方ですが、仕様書には予算を明記すべきですので「いくら(Howmuch)」を追加した5W2Hとなります。

What 何を 【 課題 】
Why なぜ 【 動機 】
Who 誰が 【 対象 】
When いつ 【 時期 】
Where どこで 【 場所 】
How どのように 【 手段 】
How much いくら 【 費用 】

出典:「5W1H」「5W3H」「6W2H」「5W2H」「2W1H」「6W」について|iso.labo

このように5つのWと2つのHの頭文字を用いたフレームワークが仕様書の基本となります。
トヨタ式で有名な「なぜなぜ5回」も5Wですが「Why?(なぜ?)」を5回繰り返して答えを探す方式です。

サイトリニューアル時に考えられる5W2Hは?

要件によって変更になる事もありますがサイトリニューアルの仕様書での5W2Hは大体この様な形になります。

What 何を 【 課題 】・・・実現すべき物事
Why なぜ 【 動機 】・・・サイトリニューアルを考える事になった理由
Who 誰が 【 対象 】・・・入札あるいはプロポーザルの参加対象者および参加条件
When いつ 【 時期 】・・・提出期限/公開時期/制作スケジュール
Where どこで 【 場所 】・・・入札あるいはプロポーザルの提出場所、制作物の納品場所/公開範囲(社内ネットワーク内・Web上で一部のユーザーに公開・Web上に制限なく公開)
How どのように 【 手段 】・・・システム機能/ページコンテンツ内容/写真・文章等素材/構築サーバ
How much いくら 【 費用 】・・・予算

達成したい目的によって項目は変更になると思いますが大まかにお伝えするとこのようになります。
骨子を固めたあとは、各項目の詳細を決めて行きます。
どの項目から決めて行くか、ということもポイントになりますが順番はプロジェクトの内容によって異なります。

まとめ

5W2Hに当てはめたホームページリニューアルの仕様書、いかがでしたでしょうか?
今回は仕様書を作る際の骨子をお伝えさせて頂きました。
骨子を作ったあとの肉付けは各制作会社や社内の関係者様と決めていくとスムーズにプロジェクトが進行しやすいと思います。

弊社では貴社サイトリニューアルのための仕様書づくりのお手伝いもしていますし、仕様書に答える企画提案を専門に行うプランナーも在席しております。
そのプランナーが書いた記事もございますのでどうぞ御覧ください。

「いい企画書」って結局どんなの?企画書の他社事例が見られるサイトまとめ

この記事が御社の発展のお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブリッジコーポレーションへの
お問い合わせはこちらから

この記事を書いた人

江口

営業部に所属の江口です。 よくお客様から聞かれる事や、WEBで流行ってる事を発信して参ります!