Web制作

Creative Cloudメンバーなら活用したい!フリー素材ダウンロードサービスを使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AdobeのCreative Cloudを使い始めて、はや1年。
もっといろいろ使ってみたいなぁと思いつつもなかなか開拓する余裕なく来てしまい、はや1年。
最近やっとCreative Cloud Marketというのを初めて使ってみました!
ご存知ない方はぜひご覧ください。

Creative Cloud Marketとは

Creative Cloudメンバーならいつでも無料で使える素材がダウンロードできるサービス。用意されているのは、「画像、UI、ベクトル、アイコン、パターン、ブラシ」。この豊富さがうれしいですね。毎月500個まで無料とのことです。
素材は「Behance」というAdobeが展開するサービスから調達されていますたものがそろっています。

出典:クリエイティブが好きならとにかく Behance を始めてみよう!

実際に使ってみる

(1)Creative Cloud アプリケーションを起動し、アセット>Marketを開く

ccm_01
Marketのプルダウンから画像などのカテゴリと並び順が選べ、効率よく探すことがで、さらに絞り込みたい場合は、キーワードで検索もできます。
ccm_06

(2)使いたい素材を選択

ccm_07
選択すると、拡大表示され、詳細な情報がみられます。

(3)気に入った素材が見つかったら・・・

ccm_08

さぁ、それではダウンロードです。ダウンロードボタンをクリックすると、保存先が表示されます。
(一覧の状態でマウスホバーすると現れるボタンから、直接ダウンロードも可能です。)
ここでの保存先は、Creative Cloudのストレージになります。
保存したら、あとは使うだけ!

※Creative Cloudのストレージって?

Creative Cloudメンバーが利用できる、クラウド上のストレージです。アプリケーション内、アセット>ファイルで表示されるフォルダにあたります。
(ブラウザから、http://www.adobe.com/jp/にアクセスでも利用できます。)
ccm_09
パソコン上に作成されるフォルダ(Creative Cloud Filesフォルダ)と同期がとれ、他のユーザーとファイルの共有もできちゃいます。

出典:最速! Creative Cloud ストレージ利用開始方法
今日から始めるCreative Cloudアセット | Adobe Creative Cloudチュートリアル

結構いいかもしれない

こんなアイコンセットとか
(208個のユニバーサルWebアイコン)
ccm_02

こんなブラシとか
ccm_03

こんなパターンとか
ccm_04

こんな画像とか
しかも画像はPSDファイルでレイヤー分けされている・・・!
(Manila Hangtags)
ccm_05_04

困ったときやちょっと気分転換にのぞいてみてはいかがでしょうか。

そして、これから他サービスや機能も、もっともっと開拓して活用していきたいと思います!

出典:Creative Cloudマーケットを使ってみよう:いつでも使える素材集 | Adobe Design Magazine
Adobeの「Creative Cloud」会員向けに、各ソフトで使える素材をダウンロードできる「Creative Cloud Market」が開設された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブリッジコーポレーションへの
お問い合わせはこちらから

この記事を書いた人

米田

デザイナー。 新卒で入社し、はや◯年です。 いろんなものを見るのが好きです。 たくさんの人に愛されるブログに育てていきたいと思います!